株式会社日本看取り士会 お問い合わせ
日本看取り士会

看取り士日記(316)~ひとり暮らしの自由と尊厳~


福寿草の蕾がふくらむ頃、病院から自宅へ退院となったひとり暮らしの方のもとに伺う。
ケアマネジャー様からお繋ぎ頂いた方は、放射線治療を終えてのご帰宅。
ケアマネジャー様、社会福祉協議会の権利擁護の方、介護サービス様、訪問看護様、看取り士と支えさせて頂くチームでお話をお聞きする。
温泉好きな進さん(75才)は、退職後大好きなお酒を道連れに、ご自分の車で全国の温泉を巡る車上生活をされる。
その後、ご病気の治療をされ認知機能の低下があるため支援の必要となられる。
お部屋に伺うと、いつもテレビがかかっている。言葉少ない進さんの会話のお相手はテレビ。
24時間つけたままの生活。

桜満開の晴れの日、小さなビールを持って、「もうひとりの家族だから」とお誕生日のお祝いに。
やさしい笑顔でうつむきながら「嬉しいなあ。嬉しいわぁ」と久しぶりのビールを口にされ、心に残る思い出の温泉のお話をして下さる。
温泉好きな進さんだが、実は何ヶ月もお風呂に入らず、髭も伸ばされている。
お風呂に入られますかと声をかけると、その時は「今はいい」と断られ、その翌日から毎日お風呂に入られる。
在宅医の往診もお風呂の中。
先生も笑顔で「動けるから元気ってことだね」と話され、湯船の中で診察が終わる。
旅立ちの3日前まで、大好きなお風呂を楽しまれた。

血圧が下がり往診を受ける。
「膝枕をしましょうか」と声をかけると「うん」と頷かれる。
その後、少し元気を取り戻され小さな声で「ファンタオレンジが飲みたい」「大きいのを」と言われる。
飲み物を準備すると、ストローからごくごく音を立てて美味しそうに飲まれる。
また何か話されるが、聞き取れず、スケッチブックをお渡しすると『テレビが見たい』と書かれる。
ご希望通りにテレビをよく見える位置に。

その翌日、ファンタを少し口にされ、何度も繋いだ手を握りかえされる。
看取りの作法で呼吸をあわせる。じっと目を見つめてまた目をつむられる。
ケアマネジャー様が玄関を開けられる時、大きく呼吸をされて穏やかな笑顔の旅立ちをされた。
主治医の先生も穏やかな笑顔に「最期まで自由に暮らして、良い看取りだった」と話され、その後も暮らされたお部屋で全ての準備が整う。
ひとりの命の尊厳の大切さと豊かさを学ばせて頂いた進さんに深く感謝、合掌


担当看取り士 西河美智子
文責 柴田久美子








看取り士日記(315) ~ドライアイスは入れないで!~


シャクナゲの花が美しく咲き、例年になく暖かい日の朝、本部より派遣要請の電話が入った。
既に、お母様(信子さん82才)をご自宅で看取られていた、娘様からの御依頼だった。看取りのお作法を伝えて欲しいとの事。
到着すると、信子さんのご主人様、娘様お二人、そのご主人様、子供様が居られ、お母様はベッドの上に、
とても安らかなお顔をされて眠っておられた。
(お亡くなりになられてから32時間が経過していた)

矢継ぎ早に娘様が「ドライアイスは、まだ入れたくないです。
柩は準備し、明日、到着予定で、お葬式は葬儀屋に任せるのではなく、できるだけ、自分達が手作りで行いたい。
そういう葬儀屋さんを紹介して欲しい」等々、聞いてこられる。
一呼吸入れ、ゆっくりと「大丈夫ですよ。ひとつずつ解決して行きましょう」と伝え、依頼できる葬儀屋を御紹介する。
そして、次々となさる御質問にお答えする。
その後、ご依頼されてこられた長女様から順番に、看取りのお作法をしていただくこととなった。

お母様を膝枕で抱きしめながら「母とは、亡くなってから随分、話をしてきました。
本人は頑張ってしんどかっただろうに、それを汲んでやれず、『頑張れ、頑張れ』と言い続けました。
亡くなる時も苦しんで逝ったね。今も苦しんでいない?
もう少し、優しくすれば良かったね」等々、後悔の念を涙ながらに、ひしひしと伝えられる。
しっかり傾聴した後、「今言われた言葉は、全て、お母様の耳に届いています。
そして、娘様の愛を全て受け取られ、本当に幸せな気持ちで、旅立たれます」とお伝えすると、
言葉にならない言葉で「お母さん、大丈夫だよ……お母さん、大丈夫だよ……
(お母様があちらで不安がないようにと想いを込めて)」何度も言葉を重ねられた。

娘様が静かにお母様を包まれ、ゆっくりと時間が過ぎて行った。その後、次女様にもお伝えし、みな様に抱いて頂く。
臨終後七日間、共にお母様との日常の暮らしを過ごされた。御家族の皆様の穏やかで深い愛を教えられた。
初めての看取り士派遣という経験の中、私を支えてくださったのは御家族の皆様だった。
いままで眠っていた、慈愛の世界を経験させていただけたことに感謝 合掌

担当看取り士 森長淑子
文責 柴田久美子








看取り士日記(314) ~おひとりさまの夢の自宅死~


梅が咲き、春の訪れを感じながらも冷たさの残る頃だった。
一人暮らしの叔父を案じた姪の恵さんのご依頼で、お一人暮らしの叔父(勇さん)の看取りをお願いしたいと12月より毎月1回の訪問を開始。
1回目の訪問、チャイムを押すと「どうぞ上がってきて~」と若々しい声が聞こえる。とても気さくに話される 勇さん。
「若いころは人のことで走り回ったもんよ。
今は一人やし、身体が思うように動けんから助けてもらわんといかんけど、元気になったら恩返し必ずするからね」と話される。
認知症があっても、一人暮らしでも、寝たきりでも、だんだんと食べられなくなっても、「ここ(自宅)がいい。ここにいたい」という希望は、最期まで叶えられた。

月1度の訪問を終えて帰りの挨拶をすると、勇さんはいつも手を振り「ありがとう。
次また来てくれる?」と柔らかい眼差しで声をかけてくださる。
お身内さん、ご近所さん、地域の公的機関の方々の連携により、1日数回の訪問があり、勇さんの「寂しい」「一人の時間が長く感じる」という気持ちを皆が汲み、
朝のヘルパーさん、午後からのお弁当配達、訪看さんの訪問が順繰りに入る毎日。
私たちも在宅チームの一員に加わった。
ご本人の希望により週1回の訪問日、空がどんよりと曇る2月の末。
「今日は目が見えにくい」と話され、ぽつりと「お母さん」と。「また来ますね」と話し、帰りの挨拶をして帰る。
数時間経って、姪御さんより「訪看さんから亡くなられたと連絡が来たが、私はすぐに間に合わない」と連絡を受ける。
すぐに駆けつけると、訪看さんとヘルパーさんで体を拭き、パジャマから勇さんお気に入りの洋服に着替えられていた。

長年にわたりお世話をされてきた姪御さんを待つかのように、勇さんの体はとても暖かい。
間もなく、姪御さんやご兄弟が駆けつけてこられ、姪御さんが勇さんを腰に抱えて抱きしめられる。
すると、到着を待っていたかのように勇さんのお顔が和らぐ。
自らの身体を差し出し、新人看取り士の私に命を手渡すことの意味を惜しみなく教えてくださった幸齢者様に感謝 合掌

担当看取り士 上田博美
文責 柴田久美子








看取り士日記(313)~四十九日の奇跡「再会」~


桃の節句。女の子が産まれると、雛人形を飾り誕生を祝い家族皆で健やかな成長を願う日。
施設での臨終の立ち会いから自宅でのお別れ。
葬儀社の紹介と四十九日の訪問のご依頼をいただく。
2 週間後と四十九日法要の後に伺うことになった。

1 回目の訪問日。この日に合わせて再会した姉妹は、ようやく話せる状態になったと安堵の表情を浮かべた。
看取りの場面をゆっくりと回想しながら、ひとつひとつ丁寧に話される。
2 年前に遡り、看取りを受け入れるまでに起こった数々の奇跡。
すべてお母様がプロデュースしていたことに気づき、ご家族はあらためてその偉大さを知ることになった。
「どんな状況になっても母のことを信頼しきって委ねている看取り士の存在が大きかった」
「あの場所だけ次元が変わっていたのかもしれない。そう思うと全て納得ができます」と。
姉妹がお互いの思いを共有することで“本当にこれでよかった”と安心感を得る 場面でもあった。
「不思議と何の後悔もなくすっきりしています」
「疲れているのになぜか体調が良いです」

2 回目の訪問、開花のはじまりを告げる沈丁花の香りに心躍らせる。
四十九日法要が終わり、徐々に日常に戻ってきたと話される。それは納骨の時の 話だった。
数年前旅立ったお父様の遺骨を目にした姉妹は、お父様がお迎えに来て くれたと感じたという。
一致したおふたりの思いだった。
「お父さんに会えた。お母さんもお父さんに会えた。」
この時からお母様だけでなく、お父様にも思いを馳せる。
「日常近くにいるような感覚で何も怖くない。むしろ自然なことだと思えます。」

微笑みの中で、お仏壇にはおふたりの戒名が並んでいた。
いのちの誕生を両親が祝福してくれたように、看取りは命を繋いでくれた両親への恩返し。
旅立ちから四十九日は、あの世とこの世の魂の交流ができる期間という。
魂の繋がり、家族の絆は永遠であることを教えてくださった魂の存在に感謝 合掌

担当看取り士 尾美恵美子
文責 柴田久美子








看取り士日記(312)~I Can’t Help Loving You All. (みんなを愛さずにはいられない!)~


玄関先の椿の花が凛と美しいころだった。
肝臓がん末期、大出血のため M さん(92 歳)は緊急入院。
私は、訪問看護師として 3か月前からご支援させていただいていた。

入院されて 7日目、呼吸状態悪化の連絡が入り、
院長の「何ができるか分からないが、行ってあなたができることをしてきなさい!」という言葉に心嬉しく、
そして勇気が湧き、入院先に看取り士として伺った。
ご本人の肩に手を当て、心の中で「ご家族に何をお伝えしたいですか?」と伺いながら、
緊急入院時に交わした会話を私は思い出した。
「今、どなたに一番側にいて欲しいですか?」の問いに、「それは言えん!」と一言。
「皆さん全員が大切という事ですね。」と伝えると、
こくりと頷かれた情景が、鮮明に私の心に蘇る。

奥様が前日のエピソードを涙ながらにお話ししてくださる。
「必死に何かを訴えるのだけれど、分からなくて……」震える手で書いたメモで、
唯一“ 帰 ”の文字だけが読み取れ、次男様が「帰りたいのか?」と問うと、
両手でパチパチと手を合わせる仕草をされたと。
そのお話を聞いた私は、「ご決断はご家族ですが、私共は今すぐでもエンゼルチームを編成します。
自宅では当院で診療いたします。ご家族様は何も心配いりません。」と、きっぱりとお伝えした。
「家に帰ろう!」 ご家族様がご本人様のお気持ちにお応えした瞬間だった。

旅立ちは、願われた自宅到着から 2時間後のことだった。
ご家族様お一人一人に抱きしめて頂いて、命のバトンの受け渡しをしていただく。
お孫様が抱きしめている時、奥様が「ジージはこれを望んでいたんだね。」と涙を流される。
はしゃいでいたお孫様方も、小さな体で命のバトンを受け取る時、
ある瞬間から涙をいっぱいに溜めて頬が紅色に変わり、穏やかな表情になっていく。
それは、一体感を確かに感じられた微笑ましい瞬間。
お孫様に抱きしめてもらうたびに、ご本人様の目尻が下がっていかれる。
ご家族様にしっかりと抱きしめていただき、旅立ちから3時間後もまだまだお身体は温かく、
そのぬくもりは今も私のこの手に残っている。
ご本人様の家族愛の深さと強さが、わたくしの道はこれで良いのだと、
背中を押してくださったことに心から感謝 合掌。

担当看取り士 内堀敬子
文責 柴田久美子






看取り士日記(311)~自分がプロデュースする旅立ち~


店先のチューリップの花が春を呼ぶ。
今回のご依頼者様とのご縁は2年前に遡る。
誤嚥性肺炎で施設から救急車で転送された先の病院で、
医師から余命宣告をうけ、私どもにご相談。その後、回復なさった。

今回連絡を受けたのは、施設のかかりつけ医の先生から「看取りが近い」という報告を受けての事だった。
ご家族の一番の心配は、コロナ禍にありご家族の面会が、制限されているということ。
看取りの時期が近いのに、思う様に面会が出来ないということが辛いとの事だった。
数ヶ月ぶりに面会したお父様は、食事をとられていない状態が長くやせ細っていらした。
声がけに対してもすでに反応が鈍く、今日明日、何があってもおかしくないと告げられた。
二年前は看取りをしていなかった施設だったが、今回は看取り士も立ち会うことも許可を出して下さった。

改めて施設側に訪問をする事になった当日、
看護師さんから「苦しそうな呼吸に変化しています」と直接連絡をもらう。
お部屋に伺うと、呼吸は明らかに旅立ちに向けての変化をし始めていた。
「苦しんでいるのですか」心配そうに質問されるご家族に、どのような状態におられるか説明することで、
安心をしてもらい、触れながらご本人と呼吸を共有していく。
家族が見守る中、やがて呼吸は無呼吸が延長し、口呼吸へ。
その間もお父様の身体をご家族が囲み、声がけをする。
それぞれの想いを口にし、最期の呼吸は長男さんの膝枕の中で静かに迎えられる。

最期の呼吸のあとも、集まった家族一人一人が膝枕をして、
感謝の気持ちを伝え、命のバトンを受け取られた。
「私には膝枕をする資格がない」と泣き出したお孫さんは、
介護に忙しくしていたお母様に文句を言ってしまった事を悔いていたが、
膝枕をして言葉をかけた瞬間に解決できた。

旅立つ御本人のお父様がゆっくりと時間をかけて、
ご家族との別れをプロデュースしてくださり、家族主体で看取りが出来た事に感謝 合掌。

担当看取り士 清水直美
文責 柴田久美子